インプラント治療で使われるパーツの種類

インプラント治療で使われるパーツの種類

インプラント治療では、高度な技術が必要です。
そして虫歯や歯周病の治療では使用しない、様々なパーツを使用します。

 

インプラント治療で使用されるパーツの種類について、説明したいと思います。

 

「インプラント体」は人工歯の歯根の部分で、
顎の骨と歯を結合させるのに必要なパーツです。
ネジのような形をしています。

 

骨に埋め込まれるパーツなので、
とにかく安全性に考慮されたチタンで作られています。
表面にはブラスト処理、酸処理など、
劣化を防ぐための加工がほどこされています。

 

「ヒーリングアバットメント」はアバットメントの代わりに、
一時的にインプラント体上部に接続されるパーツです。
ただし、治療法によっては、
直接アバットメントを使用する場合もあり、
使用されない場合もあります。

 

使用例は、インプラント手術一回法や単独歯、
カスタムアバットメントを装着する場合などです。

 

「カバースクリュー」も、
インプラント手術二回法の時のみ使用されるパーツなので、
使用されない場合もあります。
役割は、インプラント体上部に装着するネジの働きをします。

 

カバースクリューをする事で、
インプラント体の中に歯茎や骨が入り込むのを防ぎます。
アバットメントや人工歯を接続する直前に、取り外すため、
耐久性はあまり必要としません。

 

「アバットメント」は、インプラント体と人工歯を連結させるパーツです。
インプラント体の位置や歯茎の厚みに合わせて、
パーツのサイズを選ぶ必要があります。
そのため個人のサイズに合わせて作ったパーツの事を、
カスタムアバットメントと呼びます。
素材は、チタン合金やジルコニアが人気があります。
西新宿でインプラントの治療まで可能なS&Aデンタルクリニック