インプラントの被せ物

インプラントの被せ物

インプラント治療では歯根部分に当たるインプラントが注目されがちですが、
人工歯に当たる上部構造補綴物も大切です。
インプラント治療を行っている歯科では、パーツについても親身に相談に乗ってくれると思います。大島ではさくら歯科が人気です。

 

一般的には「被せ物」や「クラウン」と呼ばれることが多いこの部分は、
使用する素材によって次のように4種類に大別されます。

 

「メタルボンド」の被せ物は、
見える部分にだけセラミックを七宝焼のように焼き付けて作られており
陶材焼付け鋳造冠とも呼ばれます。
耐久性に優れている・見た目が自然の歯に近い・変色しにくいといった特徴があることから、
価格は比較的高いものの広く使用されている素材です。

 

「オールセラミック」は、セラミックだけを素材にして製作するクラウンです。
オールセラミックとは人工ダイヤモンドで知られるジルコニアのことで、
セラミックの弱点とされていた強度をチタンに匹敵するまでに高め、
審美性においても耐久性においても非常に優れた素材です。

 

「ハイブリッドセラミック」は、セラミックにレジンを配合して作られたものです。
レジンを配合することで天然歯と同程度の強度があります。
通常のセラミックは欠けると修復が困難ですが、ハイブリッドセラミックは修復が可能です。
しかし、審美性はセラミックに劣りレジンを含んでいることで変色の可能性があります。

 

「金属」の被せ物は、長期的にはセラミックやハイブリッドセラミックと同様に
少しは磨り減りますが、部分的に欠けるようなことはありませんので、
噛み合わせの安定度や価格の面からすると
インプラントの被せ物としては一番おすすめの素材です。
しかし、色が自然の歯とは異なることから、審美性を求める人には適していません。
また、人によっては金属アレルギーの原因になることがあります。